住宅ローンの借入可能額と返済可能額は同額ではない

家を買うことに伴い多くの人は住宅ローンを利用します。住宅購入を検討している人にとっては、住宅代金の頭金として用意出来る金額を差し引いた残額を住宅ローンとして借り入れることを希望します。住宅ローンは青天井で融資を受けられるわけではありません。借入可能額に収まる金額でないと借りることは出来ないので、住宅ローンを利用する場合はいくら借りられるのかは気になるところです。

借入可能額については間違えてはいけない点があります。それは借りられる額が返せる額とは限らないということです。金融機関が審査をして判断した額なので、自分の経済力で返済が可能だとプロが判断したと考えて安心してしまう人もいますが少し待ってください。返済可能というのは、幸せな生活を購入した住宅で送りながら返済が出来るという意味ではありません。

借入可能額は、金融機関から見て債権が不良化しないであろうと判断出来た額と考えておくべきです。住宅ローンは、担保として購入住宅に抵当権を設定するのが一般的です。返済が滞れば、抵当権に基づいて住宅が強制的に競売にかけられて売却されることになります。金融機関は売却代金から優先的に弁済を受けることが出来るので、約定通りの分割返済が為されなかったとしても債権は回収できます。

更に保険にも加入することになるので、それも担保的な役割を果たします。その結果、借入可能額は比較的高く設定されることになるので、金融のプロが判断した楽に返済出来る数字だと考えてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*