フラット35なら固定金利で計画的に返済できる

マイホームの購入に際しては多くの人が金融機関から資金の借り入れを行いますが、金利の負担方法には大きく分けて変動型と固定型の2種類があります。このうち変動型は、返済期間中の経済情勢などに応じて利率が変動するタイプです。一方、固定型では借入時に決定された利率がそのままずっと適用されます。どちらを選ぶかは1人1人の家計の事情次第となりますが、一般には低金利の時期にお得に返済したいというのであれば前者が、しっかり計画的に返済したい場合は後者がおすすめと言われています。

フラット35は、固定型住宅ローンの代表的な商品です。返済にかかる金利が全期間を通じて固定されているため、返済プランを立てやすいという特徴があります。また、政府系の公的法人と民間の金融機関が共同で提供している商品なので、利用に際しても安心感があります。フラット35は原則として70歳未満であれば、職種や勤続年数などに関わりなく利用できます。

ただし、子供や孫等が債務を承継するリレー返済というシステムを利用する時は、70歳以上でも申し込み可能です。返済期間は最短で15年、最長で35年となっていますが、20年以下の場合は金利を下げることができるというオプションがあります。フラット35を利用する時は、購入しようとする住宅が一定の技術水準を満たしているかどうか検査を受ける必要があります。また、床面積の大きさにも一定の条件が設定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*