フラット35の金利を下げるには

住宅ローンは長期の借り入れになるため、わずかな金利差でも総支出額に大きな影響が出てきます。負担を抑えるためにはできるだけ低金利で借り入れをする必要があり、フラット35の場合でも工夫の余地があります。フラット35には一定基準を満たした高品質の住宅を購入する場合、フラット35Sという借入利率が一定期間0.25%引き下げることができるプランがあります。取得する住宅の品質によってAプランとBプランにわかれ、Aプランの場合は10年間0.25%引き下げられ、Bプランの場合は5年間適用されます。

高品質の住宅は長期優良住宅とも呼ばれ、税制面でも住宅ローン控除の特例が利用できるため有利になります。一般的な住宅の場合は控除の上限は年末のローン残高の1%のうち上限が40万円ですが、長期優良住宅では50万円まで控除することができます。金融機関によっても設定されている金利に違いがあることに注意しましょう。金利の中には資産担保証券を購入した投資家に払う利息とフラット35の運営が事業に使う費用、金融機関の手数料が含まれていますが、金融機関の手数料は各銀行が設定しているので差が出てくるのです。

契約したい金融機関を見つけた場合、審査通過率を上げるために銀行口座を早めに作っておき、給与の受け取りや投資信託の利用など、様々な商品を使うことで金融機関との関係性を築いておきましょう。信用が高くなると同じ銀行の中でも金利の交渉がしやすくなりますので、他の銀行に乗り換えるよりも同じ銀行の融資条件見直しをしてみるのも良いです。フラット35の金利のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*