住宅ローンの金利には変動と固定があります

住宅ローンを借りれば借りた額のみを返済すればいいわけではありません。元金の返済と併せて金利分も支払う必要があります。金利は住宅ローンによって違いがありますが、大きく分けると固定と変動の二つのタイプに分けることが出来ます。どちらが得かは市場の状況が大きく影響してくるので一概に言うことは出来ません。

変動タイプは半年に一回金利が見直されることになります。下がれば月々の支払い額も減ることになりますし、上がれば当然増えることになります。見直しは半年ごとに行われますが、支払額の変更は5年に一度になるのが一般的です。半年ごとの見直しの結果が返済額に反映するので、実際に返済額が変更される前にある程度の準備をすることが出来ます。

大幅に返済額が増えると返済の継続が困難になるのではないかと不安になる人もいるかもしれませんが、返済額の増加には上限が決められているので全く想定外の増額はありません。上限は増額前の返済額に対して125%に設定されています。例えば10万円毎月支払っていた場合は、12万5千円が上限になるということです。固定タイプはその名の通り金利が固定されているので返済額が変動することはありません。

しかし、固定期間が限定されているものもあり、その場合は固定期間経過後は変動タイプと同様になります。固定されている期間内は月々の支払い額が増えることも減ることもありません。完済まで固定のタイプなら住宅ローンの契約時の金利が完済まで維持されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*